シェア

ガラス窓の水跡の取り方

 
投稿者 福山真子. 更新された: 16 1月 2017
ガラス窓の水跡の取り方

硬水というのはミネラルがたくさん含まれた種類の水のことです。これがガラスについて、そのままにしておくと、白や茶色の跡になってしまいます。これを取るのは難しいですが実はコツがあるんです。こちらを読んでみてください。

従う手順:
1

酢とレモンを混ぜたものを使うといいでしょう。この2つを同量混ぜ、それをスポンジにつけ、やさしくこすります。これできれいになると思います。そのほかにもここでは酢を使って掃除する方法を紹介しています。

ガラス窓の水跡の取り方 - ステップ1
2

それから重炭酸ソーダと熱いお湯を混ぜたものも効きます。熱いお湯コップ1杯にスプーン2杯の重炭酸ソーダを混ぜます。それをスポンジにつけ、こするといいでしょう。円を描くように磨いてください。15分そのままにしてあとで乾いたタオルで拭いてください。

ガラス窓の水跡の取り方 - ステップ2
3

酸性リン、塩酸、硫酸などを使うこともできます。これらはとても強いので、使う時はマスクと手袋をしてください。これで汚れも落ちると思います。

4

水の跡が取れたら、窓をきれいにする製品を使って、さらに磨くといいでしょう。傷つけないように、柔らかい布を使ってください。

5

こんな簡単な方法で水の跡がついたガラスもきれいになります。ガラスをきれいにする方法を他にも知りたい方はこちらをご覧ください。

ガラス窓の水跡の取り方 - ステップ5

ガラス窓の水跡の取り方と関連した記事をチェックしたい場合は、掃除のジャンルから探すことができます。

アドバイス
  • きれいにしたあとは、 レインXという製品を使って磨くと、水の跡がその後つきにくくなります。
  • お風呂の窓は、お風呂のあと毎回拭くようにしましょう。
  • キッチンペーパーなどで拭かないようにしましょう。これを使うと傷がついてしまうことがあります。

ガラス窓の水跡の取り方に関してコメントを残す

あなたは記事をどう思いましたか?

ガラス窓の水跡の取り方
41
ガラス窓の水跡の取り方

トップに戻る