シェア

簡単でキレイになる!窓拭きのコツ

 
投稿者 Kollama Yujiro. 更新された: 16 1月 2017
簡単でキレイになる!窓拭きのコツ

お掃除の際、ほったらかしにしておいた窓は、汚れが目につき、くもっていますよね。窓をピカピカにして綺麗にすると、気分も上がって気持ちよいものです。家の中に窓はいがいとたくさんあり、面も広いため掃除をするのは一苦労ですよね。さらに、窓ふきをしてもなかなかくもりがとれなかったりピカピカにならないので、そのままでいいやとあきらめていませんか。そんなとき、少しのコツをさえておけば、簡単にとてもきれいな窓に仕上げることが出来ます。簡単でキレイになる!窓拭きのコツをご紹介します。

従う手順:
1

窓掃除には新聞紙を活用

まず、窓ふきを行う際は、新聞紙を用意しましょう。新聞紙一面をくしゃくしゃに丸めた新聞ボールをいくつか用意します。手で握れるくらいのボール状にすることで掃除しやすくなります。まずはそのボールの1つを水で湿らせ、窓全体を拭いていきます。拭き終わったら次に乾いた新聞ボールで再度拭き上げていきます。窓ふきに際して雑巾ではなく新聞紙を利用するのは、少々の汚れであれば洗剤を使わなくても、新聞紙のインクが油分を分解してくれ、ワックスの変わりも果たすからです。綺麗になるのはもちろん、汚れを付きにくくする効果もあるのです。もし、油汚れがひどい窓を掃除するのであれば、中性洗剤をバケツに少量入れて新聞紙を湿らせ、それを窓に貼っておきましょう。しばらくしたら浮いてきた油分を新聞紙でしっかり拭きとっていきます。汚れが取れたら仕上げに乾いた新聞紙で拭きあげていきましょう。その際は新聞のインクで手が黒くなることがあるので、ゴム手袋をしておくとよいでしょう。これでピカピカの窓に仕上がること間違いなしです。

簡単でキレイになる!窓拭きのコツ - ステップ1
2

窓ふきは外側から

窓ふきにも順番があります。まずは、汚れが付きやすい外側の窓から拭いていきましょう。そうすることで、内側の窓を掃除する際、外側の窓の汚れの残りや拭き残しを確認することが出来るからです。内側まで拭き終わったら、いろいろな角度から窓をチェックして拭き残しがないか確認しましょう。軽い汚れは水かぬるま湯で十分に落とすことが出来ますが、万一落ちない汚れがあれば、中性洗剤を100倍くらいに水で薄め、それを新聞紙にとって窓を拭いてみましょう。その後は、通常と同様乾いた新聞ボールで拭きとります。注意したいのは水分をあまり多くガラス窓にかけないことです。乾いた際に水の跡が残るのでピカピカになりません。

3

窓ふきは晴れた日よりも曇りの日にしよう

お掃除は晴れた日にやりたくなるものですが、窓ふきに関しては晴れの日より曇りや雨の日にやることをお勧めします。晴れた日は水分が早く乾燥するので、水が乾いた跡が窓につきやすくなるためです。雨の日や曇りの日は湿度があるため、水分が早く乾燥しません。せっかくきれいにしても、この水分の跡がつくことで、窓ガラスが曇って見えてせっかくのお掃除の効果も半減しますので、できるだけ雨や曇りの日に行うようにしましょう

簡単でキレイになる!窓拭きのコツと関連した記事をチェックしたい場合は、掃除のジャンルから探すことができます。

簡単でキレイになる!窓拭きのコツに関してコメントを残す

あなたは記事をどう思いましたか?

簡単でキレイになる!窓拭きのコツ
21
簡単でキレイになる!窓拭きのコツ

トップに戻る