シェア
シェア:

アクリル素材のセーターなどの洗濯の仕方

やり方
評価: 5 (2票)
 
アクリル素材のセーターなどの洗濯の仕方

まずアクリルの素材とはどんなものでしょうか。実は私たちの着ている服、身に着けているものに、思いもよらず、たくさんアクリルが使われているんです。例えば、靴下や手袋、セーターなど、です。これらは、着るときに、伸びたり縮んだりするので、アクリルを使うことが多いんです。それからマフラーやニット帽、カーディガンなどにも使われています。こうしてみると、冬の服に多いということがわかりますね。

それから服のタグを見れば、その服がどんな素材で使われているかわかります。アクリルだったら、ちゃんとアクリルとそう書いてありますから、今度お確かめください。

しかし、実は、私たちが日ごろから身につけているアクリル素材の服には、問題もあるんです。例えば、毛玉ができやすいということです。これは、アクリル素材の特徴です。それに、冬にはアクリル素材の服は静電気が起きやすいんです。また洗濯のあとは伸びてしまうので、アクリル素材のセーターなどを洗濯する時には気をつけないといけないこと、知っておきたいことなどがあります。Hohoron.comではアクリル素材のセーターなどの洗濯の仕方を紹介します。

こちらもオススメ: 服についた油汚れの落とし方
1

●洗剤

まずアクリルの素材の服、または、マフラー、手袋など身につけるものを洗うとき、大切なことがあります。まずはじめに、洗剤を用意してください。しかし、洗剤は洗剤でも弱アルカリ性の洗剤がいいでしょう。それに柔軟剤を入れると静電気防止になるので、お勧めです。

2

漂白剤

セーターなどのアクリル素材に大きな汚れや、しつこい汚れがある場合は、漂白剤も使いましょう。普通の洗濯なら、洗剤と柔軟剤だけで十分です。でもしつこい汚れは、普通の洗剤と柔軟剤だけでは落ちません。なのでその場合は、漂白剤がお勧めです。でも漂白剤にも実は2種類あって、服が白なら塩素漂白剤を、それから服が色つきだったり、柄物だったら、漂白剤は酸素漂白剤を選びましょう。このように服にあったものを選ぶのは、非常に大切なことです。そうすることで、服を優しく扱い、その服を長く愛用することができますよ。

3

水の温度

ほかにも大切なことがあります。それは、洗濯する時の水の温度です。一見、熱いお湯のほうがよく汚れを落としてくれるようなイメージがありますね。私もそう思っていました。でも実は、そうではありません。ぬるま湯をが一番いいようなので、ぬるま湯を使いましょう。これなら汚れも落ち、服を傷めることなく、洗えます。極端に熱すぎたり、冷たすぎる水を使うと、服を傷めてしまいます。そうしてしまったら、お気に入りの服もすぐボロボロでダメになり、長く着られません。ですから、適温、つまりぬるま湯で洗うのが一番いいですよ。

4

洗濯ネット●

では次はいよいよアクリルセーターを洗濯機に入れるわけですが、その時にもコツがあります。ただ単に他の洗濯物と一緒にして、放り込むのではなく、洗濯ネットを使ってあげるといいでしょう。洗濯ネットの中にアクリルセーターを入れて、しっかりとファスナーを閉じます。ここがポイントです。多くの人は急いでいる為か知りませんが、最後までしっかりとファスナーをしないで洗濯機へ放り込んでしまう人がいるんです。そうすると洗濯途中に中身が出てきてしまうので、ちゃんとファスナーをしてください。

5

●洗い方●

では、服を洗濯機の中に入れ、それから上記に書いたように、洗剤、柔軟剤、必要なら漂白剤も入れます。さて、洗濯機には色々な洗い方のコースやモードがつ いていますね。例えば、お急ぎコース、大物洗いコース、標準コース、手洗いコース、メモリーコースなど、洗濯機によっては多少違うと思いますが、ではこの アクリル生地の場合は何がいいのでしょうか。実は、手洗いモード毛布モードがいいです。これを選びましょう。これで柔らかくふわふわに洗ってくれます。

6

●干し方●

それから洗濯機が終わった後、その服の干し方も肝心です。初めにも書きましたが、アクリルは伸縮性があって伸びる素材なので、干す時、いつも通り洗 濯ばさみではさんで吊るすのではなく、ハンガーを使って伸びないように気をつけて干さないといけません。上手な干し方は、長いアクリルのセーターを真 ん中で折って、それをハンガーにかけて、干したりするといいでしょう。それを外に出す時、飛ばされないように洗濯ばさみをするのも、忘れないようにしま しょう。

7

●アイロン●

セーターが乾いた後、そのアクリルのセーターにアイロンをかけようとお思いですか。あまりないとは思いますが、万が一、洗濯後、アイロンをかけたい 方は、当て布を当ててアイロンをかけましょう。その時、アイロンの温度は低温から中温が一番いいですよ。高温にしてしまうと、服を傷める恐れがあるの で、温度には気をつけて、アイロンがけしてください。

8

●最後に

これでアクリル素材の洗濯も大丈夫ですね。いちいち、クリーニング屋さんに出さないでも、このようにご自宅でもお気軽に洗えます。このように取り扱 いが簡単で楽な素材のため、色々な服や生地に使われていますので、次回の洗濯から実施してみてください。これでアクリル素材の正しい洗濯の仕方がお分かり頂けたと思います。服を傷めないで、いつまでもお気に入りのセーターを着続けられるといいですね。

9

アクリル素材のセーターなどの洗濯の仕方のようなハウツー記事をもっと読む場合は「掃除」のジャンルページからアクセスすることができます。.

関連記事
コメント (0)

アクリル素材のセーターなどの洗濯の仕方の記事にコメントを書く

すごく役に立った

アクリル素材のセーターなどの洗濯の仕方
アクリル素材のセーターなどの洗濯の仕方