シェア
シェア:

これで長持ち!革靴の洗い方

工程
 
これで長持ち!革靴の洗い方

ビジネスマンを中心に毎日履いている革靴ですが、皆さんそのケアはどうされていますか?汚れた時に軽く拭く程度という方もいれば、ケアの仕方が分からず困っている方も多いのではないでしょうか。スポーツシューズであれば、水洗いすることも躊躇なくできてしまいますが、革靴の場合そうはいかないでしょう。洗ってキレイさっぱりしたいけれども、革靴に水は良くないんじゃないかな‥という感覚は誰しもが持っていると思います。

でも実はあるんです。安心して革靴を洗う方法が。今回はそんな革靴を洗う方法について見ていきたいと思います。

こちらもオススメ: 服についた油汚れの落とし方
従う手順:
1

まず洗う前の下準備を行います。靴紐がある場合は紐を外します。そして、表面についている汚れや油膜を専用のクリーナーとクロスでキレイに落としていきます。

2

次に、水染みを防ぐために水で湿らせた雑巾等で革靴を拭いていきます。使い古しの端切れ等を利用するとよいでしょう。この時の目的は、革靴を湿らせることですから、丁寧に細かく拭く必要はないです。

3

次にいよいよ水洗いしていきます。水に浸したスポンジに革靴用の洗剤をつけて、まずは革靴表面を優しく洗っていきます。この時、革靴側にあてるスポンジ面は柔らかい側にしてください。間違って研磨側をあててしまうと、革靴が傷だらけになってしまいます。表面を洗い終わったら次は靴の中です。皮脂や汗などの汚れがたくさん溜まっていますから、ゴシゴシ洗っていきます。

4

次にすすぎです。水をさっとくぐらせるか、雑巾等で拭き取るようにしてください。皮脂汚れがどうしても気になるという方は水で軽くササッとすすいだ方がよいかもしれません。ただ、革靴を痛めないためにもあまり大量の水ですすぐことはおすすめしません。軽くで結構です。

すすいだら、乾いた古布等で水分をよく拭き取って下さい。ポンポンと軽く叩くようにするとよいです。よく拭き取ったら靴の中に新聞紙を入れましょう。そして玄関先で陰干しして下さい。直射日光にあてたり、ドライヤーで強く乾かそうとすると、革が固くなって傷んでしまいます。日の当たらない風通しのよい場所に置きましょう。また、新聞紙は靴の中の水分を吸収してくれますが、そのままにしておくとカビや臭いの原因になります。数時間おきに新しいものと取り替えるようにしましょう。

5

十分に乾いたら次にケアをして仕上げていきます。まず、傷がある箇所を中心にクリームを塗っていきます。通常のお手入れの場合は一回塗れば十分ですが、今回は水洗いしての乾燥後ですので、二回塗るようにしましょう。クリームが十分に乾いたらワックスを塗っていきます。薄く塗れば十分です。余分なワックスを古布でよく拭き取りましょう。最後にパンストで磨きあげて終わりです。

出典:image.search.yahoo.co.jp

6

以上が革靴を長持ちさせる洗い方でした。いかがだったでしょうか。革靴を水洗いして長持ちさせるなんてかなり意外だったのではないでしょうか。革に水はNGというイメージが定着していますから、驚かれた方は多いかもしれません。しかし、皮脂や汗の汚れをそのまま放置しておくと、臭いがひどくなりますし、革の傷みも進行しやすくなってしまいます。確かに洗濯機でガッツリ洗うようなやり方はよくありませんが、先述したように丁寧にコツを押さえながら洗えば、水洗いは可能なんです。

「スポンジの研磨側は使用しない」

「すすぎの際に水をかけ過ぎない」

この事に特に気を付けて、皆さんも是非一度試してみて下さいね。

これで長持ち!革靴の洗い方と関連した記事をチェックしたい場合は、掃除のジャンルから探すことができます。

コメント (0)

これで長持ち!革靴の洗い方に関してコメントを残す

あなたは記事をどう思いましたか?

これで長持ち!革靴の洗い方
61
これで長持ち!革靴の洗い方