シェア
シェア:

本革の靴の手入れする方法

工程
 
本革の靴の手入れする方法

みなさん、日頃履かれている靴のお手入れはどうされていますか?スニーカーやスリッポンなどの合成繊維でできた通気性の良い靴ならば、洗剤でジャバジャバ洗えてしまえますので、非常に簡単ですよね。しかし、革靴、特に本革の靴の場合はどうでしょうか?気軽にジャバジャバ洗えないですよね‥。革というだけで、水に弱いんじゃないかとか、乾燥はどうしようとか、色々なことが気になってしまいます。そこで今回は、そんな本革靴のお手入れの方法について見ていきたいと思います。

出典:fukulow.info

こちらもオススメ: スニーカーの洗い方
従う手順:
1

まず、靴紐がある場合は、靴紐を外してください。靴紐を外したら、シューキーパーを入れましょう。シューキーパーを靴の中に入れてお手入れをすると、履いているうちにできたシワの中に、クリームが溜まるのを防ぎ、革靴がとても磨きやすくなります。シューキーパーの値段はピンきりです。大切なアイテムですが、直接革靴に影響を与えるようなものではありませんので、1000円ほどのもので十分でしょう。

出典:fukulow.info

2

次に、靴底をきれいにしましょう。靴底が合成ゴムの場合は、汚れを落として水拭きしておきましょう。また、靴底が革の場合は、革底靴靴専用の保革クリームを塗って、ひび割れや劣化を防止しましょう。

出典:image.space.rakuten.co.jp

3

次に、靴全体の汚れを、柔らかいブラシで落としていきます。このとき、縫い目などの細かいところまでブラッシングしていくようにしましょう。デザイン性の高い革靴の場合、縫い目が多く、ホコリや汚れが貯まりやすいですから、特に念入りにブラッシングしていくようにしましょう。

出典:columbus.co.jp

4

次に、汚れ落とし用のクリーナーで磨いていきます。柔らかい古布などを指に巻き、クリームをつけて、ムラの無いように靴に塗っていきます。クリーナーを直接靴に当てて塗ったり、塗る量が多かったりするとシミの原因になってしまいますので、注意するようにしましょう。塗り終わったら、キレイな古布で汚れを拭き取っていきます。

出典:columbus.co.jp

5

次に、保革クリームを塗っていきます。これは、革に光沢や潤いを持たせるためのクリームです。クリームの色は、透明か、革靴と同系色の色を用いるようにしましょう。クリームを塗り終えたら、余分なクリームを落とすため、再度ブラッシングをかけていきます。

出典:rr.img.naver.j

6

最後に、布で磨きあげていきます。磨きあげることで、革に更なる光沢が生まれ、ベストコンディションの状態だと、鏡のように自分の顔が映るようになります。磨きあげたら、撥水スプレーをかけて完了です。

出典:randd.co.jp

7

以上、本革の靴のお手入れ方法について見てきました。いかがだったでしょうか。本革の靴も、他の革靴同様、水洗いは基本的にNGです。ブラッシングやクリームなどをうまく活用して汚れを拭き取っていくのが基本スタイルです。革靴は水分に弱いですから、仕上げの撥水スプレーは忘れずに施しましょう。

本革の靴の手入れする方法と関連した記事をチェックしたい場合は、掃除のジャンルから探すことができます。

コメント (0)

本革の靴の手入れする方法に関してコメントを残す

あなたは記事をどう思いましたか?

本革の靴の手入れする方法
71
本革の靴の手入れする方法