シェア
シェア:

スニーカーの洗い方

工程
 
スニーカーの洗い方

今では、一人一足は持っているスニーカー。みなさんお気に入りのスニーカーをお持ちですか?また、そのスニーカーが汚れたらどうしていますか?自分で洗ったことはあります?今回は、お家で簡単に洗える方法をご紹介致します。

こちらもオススメ: 正しいスリッパの洗い方
工程:
1

布製・キャンパス生地

準備する物

バケツや桶(または栓をして洗面所で)

洗濯用洗剤か靴用の洗剤

ブラシ(歯ブラシまたは靴専用ブラシ)

洗い方

1紐がある場合は、紐も外します。

2簡単に落とせる埃や砂はブラシで落とします。

3バケツに水を注ぎます。※40度〜45度くらいのお湯がお勧めです。

4洗剤を注ぎます。

5スニーカー、紐、中敷を入れ30分程浸け置きします。

※汚れがひどい場合は色物は8時間以内、白い物は1日。

6浸け置きした状態で、ブラシでスニーカーをゴシゴシし、紐を手もみ洗いします。※生地を傷めない様にやさしくブラッシングして下さい。

7洗剤が残らないように、しっかりすすぎます。※洗剤が残っていると変色の原因になってしまいます。

8 水気をよくとって、風通しのよい日陰で干しすます。

2

レザー

準備する物

バケツや桶(または栓をして洗面所で)

皮用の専用洗剤

皮用の専用クリーム

タオル

洗い方

1紐がある場合は、紐も外します。

2簡単に落とせる埃や砂は布ではたき、ぬるま湯にさっとつけます。

3皮用の専用洗剤をスニーカーにつけて布で汚れを拭き取ります。

4ぬるま湯でしっかり洗剤を洗い落とします。

5水気をタオルでしっかり拭き取ります。

6風通しのよい日陰で干しすます。

7乾いたら専用クリームを塗ります。

3

準備する物

バケツや桶(または栓をして洗面所で)

中性洗剤か靴用の洗剤

柔らかいブラシ(歯ブラシまたは靴専用ブラシ)

洗い方

1紐がある場合は、紐も外します。

2簡単に落とせる埃や砂は布ではたきます。

3洗剤を少しだけぬるま湯に注ぎます。

4ぬるま湯に、スニーカーと紐を入れブラシで汚れを落とします。

5洗剤が残らない様にすすぎます。

6日陰で干しすます。

※合成皮革は、水につけると硬くなってしまうので、汚れが少しの時は布に洗剤を含ませて拭く程度でにしておきましょう。

4

スエード×メッシュ

準備する物

専用消しゴム

洗濯用洗剤か靴用の洗剤

ブラシ(歯ブラシまたは靴専用ブラシ)

洗い方

1全体の汚れをブラシで落とします。

2スエード部分を専用消しゴムを使って汚れを落とします。

3ぬるま湯に洗濯用洗剤を注ぎます。

4汚れた部分を、3を付けた布でこすります。

5洗剤を落とします。

※スエードは丸洗いが出来ないため、軽い汚れの場合はこの方法で。ひどい汚れには、スエード用専用スプレーを使って汚れを落としましょう。

5

洗濯機で洗う

布製のスニーカーなら、洗濯機で洗う手もあります。

準備する物

洗濯機

タオルまたは洗濯ネット

洗濯用洗剤

洗い方

1紐がある場合は、紐も外します。※ひどい泥汚れや砂などは水で洗い流しておく。

2洗濯ネットに紐とスニーカーを入れる。※ネットが無い場合はタオルで包む。

3多めの水で普段通り洗濯機をまわす。

4脱水まで行い、日陰に干す。

※音が気になる場合は、ネットを2.3重にしたり、マットなどと一緒に洗濯すると音が多少軽減されます。

6

その他

消しゴム

ソールの白い部分だけが汚いってことはありませんか?そんな時は、普通の文具用消しゴムを使ってキレイにすることが出来ます。

メラミンスポンジ

またソールの汚れに“激落ちくん”などのメラミンスポンジを使うのも手です。

重層

汚れがひどい時には、消臭効果や黄ばみも落とす重層に浸けてから洗うのもお勧めです。

7

まとめ

お気に入りのスニーカーを、いつまでもキレイに大切に使いたいですよね。

その為には、日頃のお手入れも大事です。防水スプレーをかけたり、雨に濡れたら十分に乾かす(水分は大敵です。汗や雨の水気は新聞紙などで取りましょう)、1日おきに履くなどしてみてください。

スニーカーの洗い方と関連した記事をチェックしたい場合は、掃除のジャンルから探すことができます。

コメント (0)

スニーカーの洗い方に関してコメントを残す

あなたは記事をどう思いましたか?

スニーカーの洗い方
41
スニーカーの洗い方