シェア

トマトを植える時期

 
投稿者 福山真子. 更新された: 16 1月 2017
トマトを植える時期

トマトは実は野菜ではなくフルーツです。トマトはフルーツの中でもとても人気があり、色々な種類があるんです。またビタミンAとC、リコピンも入っており、がん予防にもなります。 トマトの大半は土で栽培できるので簡単です。 上手に栽培するコツは、丈夫な植物を選んで、適切な時期に植えることです。ここではトマトを植える時期について説明します。

必要なもの:
従う手順:
1

種植えの時期を決める

トマトは常に10度を保っていないといけません。種まきは霜が降る6-8週間に始めましょう。二センチの深さのところに種を植え、小さい鉢植えで十分でしょう。また十分な水分をあげてください。

発芽後は日がよくあたる場所に置いてください。鉢植えの中で大きくなりすぎる前に、もう少し大きい鉢植えに移してください。そして外におきましょう。外の天気に慣らすのが大切です。

2

丈夫な植物を選ぶ

黄色っぽい葉、または黄色い斑点をつけていない植物を探しましょう。 色々な種類のトマトがありますが、Celebrity, Big Boy や Better Boyなどはお勧めです。どこでもいいトマトが育つというわけではないので、どこで育てるかが大切になってきます。気をつけて選びましょう。

3

永久に続くトマトを買うか、そうでないものを買うか。

永久トマトと言うのはある程度の時期までずっと収穫できるものです。コンパクトで濃厚なトマトです。早く熟すので、小さい鉢で育てるにはいいです。

永久にではないトマトは、トマトを植え替える必要があります。もっと早くトマトができます。

4

6-8時間日に当たった適当な土を用意してください。トマトはほとんどどこでも育ちます。この土はトマト栽培に大切です。

5

トマトのpHは 6,0 から 6,8で酸味をおびています。植えるまえ、10センチの深さまで掘ってかき回してください。 それから6センチの溝を掘ってください。オーガニックの肥料を植えるのもいいですね。5対10対10の割合で窒素、リン、カリウムを使ってください。

6

植物が肥料に触れないために 4-8センチ程度、肥料を土の上にのせます。トマトの栽培を鉢でするなら、15センチの深さと20センチ以上の幅があるものを使ってください。

7

トマトの種を3,4センチの深さのところに、そして20センチ間隔で植えます。

8

一つずつの植物は、棒に植物の茎と一緒にくくるといいでしょう。

9

トマトには沢山水をあげなければいけません。特に乾燥の時には早朝、定期的に水をあげないといけません。

10

一番いいトマトを植える時期は、春です。日本では4月下旬から5月上旬がいいでしょう。

11

他にガーデニングや家庭菜園をしているかた、こちらもごらんください。

トマトを植える時期と関連した記事をチェックしたい場合は、栽培のジャンルから探すことができます。

アドバイス
  • 植物の周りにオーガニックなものをおきましょう。すると水気を保つことができます。

トマトを植える時期に関してコメントを残す

あなたは記事をどう思いましたか?

トマトを植える時期
トマトを植える時期

トップに戻る