シェア
シェア:

正しいジーパンの洗い方

やり方
評価: 5 (1票)
 
正しいジーパンの洗い方

洗う?洗わない?ジーンズは丈夫で長持ち、お洒落には欠かせないファッションアイテムです。丈夫ですし、サイズも豊富で子供から大人まで人気のファッションアイテムです。特に男性には、人気が高いのではないでしょうか。安定の服装といったところでしょうか。

ヴィンテージのジーンズは洗わない方が良い、色合いが衰えないといわれているものがあり、「ジーンズ=洗わない」と思われがちですが、洗わなければ汚れで更に生地が傷み、悪臭やカビなどの原因ともなります。そうなると人体に影響が出てきます。

洗わないという常識はなく、一般的には洗うほうが正しいのです。色落ちなどを気にして、スプレーで臭いをとったり、陰干ししたりと努力を重ねているかもしれませんが、長く清潔に大切に履いていきたいと思うのであれば、洗濯し汚れを取り除いてあげることで長く切ることができます。

今回Hohoron.comでは、正しいジーパンの洗い方をご紹介します。

1

どんなもので洗うのか

色落ちが気になる場合、漂白などの成分が入っていない洗濯用洗剤かエマールのようなお洒落着洗いの洗剤を使います。今は、ナノクラスまで臭い菌が消えると漂白成分入りの洗剤がとても多いです。漂白成分入りの洗剤は避けることが無難だと思います。

また、柔軟剤入りの洗濯洗剤もありますが、柔軟剤は別に入れる方が質感良しです。

中性洗剤が好ましいようですが、粉の洗剤が多く冬場とは特に洗剤が白く残ってしまうことがありますので、冬場の洗濯には液体の物を使うようにしています。液体洗剤の中でも「おしゃれ着用の洗剤」を使っています。セーターや毛玉になりやすいものを洗うときに使う洗剤です。

そして柔軟剤を忘れず入れます。ただ、香りの強い洗剤は好き嫌いがありますので、お好みで選んでください。

2

洗ってみよう

いざ洗うとなってもどのように洗っていますか?私は学生時代、ジーンズショップに勤めている友人から聞いた2つの方法を使い分けて洗っています。ジーンズの色味やダメージ具合によって洗い方を変える方法をご紹介します。

3

色の濃い目のジーンズで、色落ちをできるだけ避けたい場合

濃紺な色のジーンズは、色あせがとても気になります。そういった場合は、ぬるま湯につけるという方法で手洗いをしています。方法はいたって簡単です。しっかり読んで、手順通りに試してみて下さい。

  1. ジーンズを裏返しにして、ボタン、チャックともに全て閉めてください。
  2. そして、網目の細かいネットに入れてお湯につけます。
  3. 手の平で全体を押してください。
  4. 全体に水分がいきわたったら、お洒落着ようの洗濯用洗剤を入れます。
  5. そして5分ほどつけ置きしたら、再度手の平で押してください。
  6. そしてお湯を捨て、泡が出なくなるまで手のひらで押して、お湯を捨てるを繰り返してください。
  7. その後、洗濯機の脱水機能で軽く脱水します。
  8. その後、直射日光を避け干します
  9. 干す際も、もちろん裏返しで全てのボタンがしまっている状態です。
4

ウエスト部分が下側に来るように干すのもポイントです。こうすることで皺ができにくくなりますし、皺が伸びます。干す際に両手でパンパンと叩きながら皺を取ることでも十分に皺取りになります。

直射日光を避ける理由としては、ぱりぱりになるからです。下着なども真夏には炎天下に干さないのではないでしょうか?ごわごわとした難い下着になってしまうからです。ジーンズも同じで直射日光に干すことで生地が硬くなってしまうのです。冬場は、パリパリになることは少ないかもしれませんが、春、夏は注意が必要です。裏干ししていてもパリパリにはなりますので注意です。

5

ダメージが大きい場合

ダメージジーンズを好んで履く方も多いと思います。洗濯機でそのまま選択することでダメージが広がり部屋着になってしまっていませんか?洗濯機でガラガラ回すだけでも、ずいぶんダメージなのだとダメージジーンズで気が付いたほどです。

そんな時は、洗濯機を「ソフト」洗いにして、ジーンズを裏返しにし、すべてのボタン、チャックをしめます。洗濯ネットに入れて洗うことでダメージを最小限に抑えることが出来ます。もちろん洗剤は、中性洗剤です。

おしゃれ着用の洗剤がお勧めですが、ない場合は普段使っている洗剤でもOKですが、柔軟剤は忘れずに入れてください。そうすることで柔らかく履き心地が良くなります。

6

ジーンズの干し方

ジーンズに限らず、パンツ類は足首の方を上側に、ウエスト部分を下にして干すことで、重みが下にかかるためシワなく乾きます。チノパンやパジャマなども、この方法で干します。物干しざおに片方の足を通して乾かしていた時期もありましたが。ウエスト部分にヨレが出てしまったり、通していない方だけシワができてしまったりしました。

デリケートな素材ならなおさらです。自宅で選択しないスーツなども、ホテルなどでかんがーにかける時は、ウエスト部分を下にして置きしわを伸ばしていることもあります。干し方ひとつでずいぶん見た目も履き心地も変わってきます。ジーンズにとって、洗うだけでなく干し方も重要なのです。

7

こちらで紹介しているジーンズは、リーバイスやエドウィンなどのジーンズであり、女性の主流になりつつあるデニンスとは少々異なります。デニンスももちろんデニム生地ですので、取り扱いは同じでかまいませんが、伸縮性や記事の厚みがことなりますので、ご注意ください。

また、ジーンズは洗濯することにより少々縮みます。ですが、履くことで伸びるのです。伸びるという表現は正しくなく、「身体に沿って」来るのです。ですから、ジーンズを選ぶ際は、ウエストは緩いものよりもワンサイズ小さいギリギリ閉まるというものを選んでおいた方が良いと思います。

裏起毛付のジーンズについては、Mサイズを普段着用しているならSサイズの着用をお勧めします。ウエスト部分がすぐに伸びてしまい、日に何度も直さないといけなくなるかのうせいがあるからです。大切なジーンズを長く愛用して下さいね。

8

正しいジーパンの洗い方 のようなハウツー記事をもっと読む場合は「掃除」のジャンルページからアクセスすることができます。.

関連記事
コメント (0)

正しいジーパンの洗い方 の記事にコメントを書く

すごく役に立った

正しいジーパンの洗い方
21
正しいジーパンの洗い方