シェア
シェア:

自宅でできるスラックスの洗濯方法

工程
 
自宅でできるスラックスの洗濯方法

毎日のように着るスーツのズボンは毎日気持ちよく着たいですよね。特に夏場は汗で蒸れてしまって、ベタつきだけでなく匂いも気になります。

けれども、頻繁にクリーニングにかけると家計にも響いてきます。

そこで、自宅で気軽にお洗濯できる方法をお教えします。

工程:
1

まずは「取り扱い絵表示」をチェック!

大事なスラックス。もし洗濯に失敗して、色写りしたり縮んだりしたらと思うと心配ですよね。

そこで最初にやらなければならないのが、衣服に必ずついいている「取り扱い絵表示」のチェックです。

洗濯OKなものはもちろん、洗濯が不可の表示のものでも、「絹、皮、毛皮、素材が不明なもの」以外は洗えます。

ただし、特殊な加工が施されている場合や、変わった装飾があるもの、接着芯が多く入っているものはやめておいたほうが良いでしょう。

また、手洗い表示や温度の上限がついているものは、必ず守りましょう。

2

準備するもの

洗えるか確認したら、洗濯をする準備をしましょう。

【準備物】

  • ドライマークがついている衣服でも洗える洗剤

  • 洗濯ネット

出典:item.rakuten.co.jp

3

色移りをチェックしよう。

水洗い出来そうか確認したら、色移りしないかチェックします。

生地の裏側など目立たない場所に洗剤の原液を直接つけて、5分ほど置きます。

その後、白い布で押さえて色がつくこチェックしましょう。

ここで、色移りした場合、自宅では洗わないほうが良いでしょう。

4

洗濯機で洗おう!

スラックスを折り目を合わせて三つ折りにし、ネットに入れます。

洗濯機のドライコースを選んで洗いましょう。生地を傷めず、やさしく洗えます。

水温が高いと生地が縮みやすくなるので、お風呂の残り湯ではなく、30度以下の水を使うようにすると良いでしょう。

脱水後はすぐに取り出し、手で軽くたたいてシワをのばします。

その際、裏返して陰干しにしましょう。生地が日焼けするのを防ぎ、色あせしにくくなります。

また、裏返してピンチハンガーで筒状に干すと、ポケット回りなど蒸れやすいところも早く乾きます。

5

手洗いでの洗い方 

洗面器やたらいに水に洗剤を入れて溶かし、洗濯液を作ります。

水の温度は、洗濯機での洗い方と同様に、30度以下の水を使うようにしてください。

衣類をたたんで洗濯液の中に入れ、手の平で優しく「押す」、「浮かせる」を交互に30回ほど繰り返します。この時、もんだりこすったりしないように注意しましょう。

そのあと、畳んだまま洗濯機で30秒ほど軽く脱水します。決してかけすぎてはいけません。

すすぎは、2回行います。手洗いの時と同様に、きれいな水に畳んだ衣類を沈め、「押す」、「浮かせる」を交互に15回ほど繰り返します。

柔軟剤を入れる場合は2回目のすすぎで入れましょう。静電気を防止するのに役立ちます。

最後に、洗濯機で30秒ほど軽めに脱水します。

6

水洗い不可の表示だけれども洗える素材のものは、洗面器やたらいに洗濯液を作り15分ほど漬け置きます。動かさないよう注意しましょう。

すすぎも同様に、1分ほど静かに沈めます。これを2回繰り返します。

柔軟剤を入れる場合は2回目のすすぎのときに入れましょう。

最後に30秒ほど脱水します。

7

いかがでしたでしょうか。

自宅で気軽に洗えると毎日気持ちよくスラックスをはくことができますね。

清潔なズボンで毎日爽やかに過ごしましょう。

8

自宅でできるスラックスの洗濯方法と関連した記事をチェックしたい場合は、掃除のジャンルから探すことができます。

コメント (0)

自宅でできるスラックスの洗濯方法に関してコメントを残す

あなたは記事をどう思いましたか?

自宅でできるスラックスの洗濯方法
51
自宅でできるスラックスの洗濯方法