シェア

鍋やフライパンの焦げ跡をキレイに取る方法

 
投稿者 福山真子. 更新された: 16 1月 2017
鍋やフライパンの焦げ跡をキレイに取る方法
画像: hogartotal.imujer.com

フライパンで料理中に電話がなって、お話しに夢中になり、フライパンを焦がしてしまったことはないですか。鍋やフライパンを焦がしてしまうのはよくあることです。こびりついた食べ物や焦げの落とし方をここで紹介しましょう。

必要なもの:
こちらもオススメ: キッチンマットの洗い方

水と塩で焦げを落とす

焦げが少なかったり、食べ物がそんなにこびりついていない場合、塩と水を使うといいでしょう。まずは鍋をよく洗います。いつも通り、熱いお湯と洗剤でよく洗います。その後、焦げの部分に熱いお湯を当て、スプーン2杯の塩を入れます。このまま15分おいてから、ブラシでこすります。それでもまだ焦げが残っている場合は、もう一度塩を入れ、そこで水を沸騰させてみましょう。その後、鍋を冷ましてもう一度こすってみてください。

鍋やフライパンの焦げ跡をキレイに取る方法 - 水と塩で焦げを落とす

洗剤で焦げを落とす

まず焦げている部分に熱いお湯をつけ、洗剤を加えます。その後ゆっくりそれを沸騰させます。ガラスの蓋をすると泡が逃げなくていいと思います。沸騰したら火から離し、冷めるのを待ちます。その後ナイロンなどで焦げをとりましょう。

鍋やフライパンの焦げ跡をキレイに取る方法 - 洗剤で焦げを落とす

酢で焦げを落とす

酢でも焦げが落とせます。焦げの部分に酢をつけて、それで沸騰させます。沸騰したまま5分は置きましょう。5分たったら火から外し、冷まします。冷めたら、スポンジなどで焦げをこすりましょう。

鍋やフライパンの焦げ跡をキレイに取る方法 - 酢で焦げを落とす

重炭酸ソーダで焦げを落とす

焦げがひどい場合、上記の方法では落ちないと思います。そこで重炭酸ソーダを使います。 これを鍋の焦げ部分に撒いて、スプーン1杯の水を加え、弱火で沸騰させます。沸騰したらそのまま5分置き、その後焦げをこすります。鍋の側面にも焦げがある場合、半カップの重炭酸ソーダに3,75Lの水を入れ、同じ方法でやってみましょう。

鍋やフライパンの焦げ跡をキレイに取る方法 - 重炭酸ソーダで焦げを落とす

漂白剤で焦げを落とす

次の方法は漂白剤を使った方法です。でもこれは焦げがひどい場合だけ行ってください。焦げが小さい場合はやらないでください。焦げに水と漂白剤をちょっと入れます。一気に入れすぎないように、ちょっとずつ入れるといいでしょう。それを混ぜ、沸騰させ、そのまま数分おきます。この湯気を吸わないように気をつけてください。冷えたら、焦げの部分をこすります。その際ゴム手袋をするといいでしょう。

鍋やフライパンの焦げ跡をキレイに取る方法 - 漂白剤で焦げを落とす

他に鍋をきれいにする方法

こちらではさらに詳しい焦げの落とし方がご覧になれます:

鍋やフライパンの焦げ跡をキレイに取る方法と関連した記事をチェックしたい場合は、掃除のジャンルから探すことができます。

鍋やフライパンの焦げ跡をキレイに取る方法に関してコメントを残す

あなたは記事をどう思いましたか?

鍋やフライパンの焦げ跡をキレイに取る方法
画像: hogartotal.imujer.com
61
鍋やフライパンの焦げ跡をキレイに取る方法

トップに戻る